「サロンによってグレイカラーの持ちが違う」と仰るお客様がいらっしゃるのですが、その違いって何だと思いますか?【美容師向けオンラインサロンでのQ&A】

こんにちは!Distinct編集部です!

Distinctでは美容師さん専用の相談チャット(美容師向け無料オンラインサロン)を運営しています。
今回オープンチャットの中から、実際の質問とそれに対する回答をご紹介!

「サロンによってグレイカラーの持ちが違う」と仰るお客様がいらっしゃるのですが、その違いって何だと思いますか?

avatar

みー

質問させてください🙇‍♀️

グレイカラーをされているお客様で、「サロンによって白髪染めの持ちが違う」と仰る方がいらっしゃるのですが、その違いって何だと思いますか🤔💭??
私は単純に塗布量や、そもそも生え際ギリギリで塗れていないとかかなと考えているのですが、皆さまはどう思われますか?

同じ薬剤の条件だったら塗布量、放置タイム、シャンプー前の乳化にかける時間と思ってます🙆🏻‍♂️

avatar

tomu

なるほど〜。
放置タイムも乳化も確かに大事ですね!✨

avatar

みー

サロンが違えば使ってる剤が違うので明度の違いだと思うのですが、シャンプーマンが変わったり、担当が休みで代わりに入客して色持ちの違いだったらそれだと思ってました🙋🏻‍♂️

avatar

tomu

やはり物理的な要因が1番大きそうですよね🤔

ご新規様でcutのみで本日いらっしゃったのですが、次回カラーされる際に「持ちが良かった!!」と言って頂きたくて🤣💓笑
当たり前のことを当たり前にやっていれば問題なさそうですね☺️

ありがとうございました🤲✨

avatar

みー

よく薬剤選定のミスであるのが7レベルにしたいから7レベルの薬剤で染める、ことです。
白髪率で薬剤も変えないとダメで、白髪率15%と白髪率50%の人を同じ7レベルで染めても白髪率50%の人は白髪が浮きやすいので6レベルや6.5レベルで染める必要があります!
おそらく、しっかり染まらず時間経過で浮いてしまう、というところがもちが悪い原因だと思います🤔

avatar

ハイライトカラー/田中

Distinctの美容師向けオープンチャット(無料の美容師向けオンラインサロン)はこんなところ

Distinctが運営しているのは美容師専用のオープンチャット(美容師向け無料オンラインサロン)!

完全無料で、今回紹介した事例のようにカラーレシピや施術のコツ、新発売の材料など、専門的な情報を美容師同士で共有&相談できる場所です。
施術に関する相談だけではなく、働く環境やスタッフの育成、開業に関するアドバイスも貰えますよ。

オープンチャットはこちらからご参加ください!

また、今回紹介した案以外にもアイディアがありましたら、記事末尾の「コメントを書き込む」からコメントしてください!
様々なアイディアをお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました