ブリーチと脱染剤のケミカル的な違いはどんな違いなのでしょうか?【美容師向けオンラインサロンでのQ&A】

こんにちは!Distinct編集部です!

Distinctでは美容師さん専用の相談チャット(美容師向け無料オンラインサロン)を運営しています。
今回オープンチャットの中から、実際の質問とそれに対する回答をご紹介!

ブリーチと脱染剤のケミカル的な違いはどんな違いなのでしょうか?

avatar

らいらい

お疲れ様です!
質問なのですが、ブリーチと脱染剤のケミカル的な違いはどんな違いなのでしょうか?

脱染剤のほうがブリーチより明るくならなくて、脱染剤の方が圧倒的にダメージがでないのですが、残留色素はしっかり落ちてると思います。
わかる方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです🥹

ブリーチは破壊。

脱線は2系統あって、緩いブリーチと、還元です。

染料は酸化重合してますので、還元で分解されます。
インスタなどで流行りのレブロンなどのものも還元作用によるものですが、その後、空気や熱で酸化した時に、再発色します。

avatar

たま@Tamazon

avatar

らいらい

ありがとうございます!

緩いブリーチという解釈だと、ブリーチのphを下げるやブリーチのオキシ濃度を下げるのと、ダメージの差はあまりないということでしょうか?
色々実験した結果、ブリーチをoxy1.5%、ブリーチのph7.5くらいに落としたもの、脱染剤だと、脱染剤が一番抜けて、ダメージも少ない気がするのですが、気のせいなんでしょうかね??

ちなみに脱染剤は、ミルボンのティントクリアーとサンコールのレアラブースターというのを使っています!

ステアリルアルコールやら、エステルなど、分解したものを洗い流すような成分も入ってたりしますから、単純にブリーチを緩めたものよりは抜けると思いますよー。

avatar

たま@Tamazon

avatar

らいらい

なるほどですね!
そうなると、ブリーチを減力するよりは脱染剤のほうが良いということですね!

逆に、それらの脱染剤のデフォルトでのpHってどのくらいですか?
2剤濃度とか。

avatar

たま@Tamazon

avatar

らいらい

ライトナーとわるタイプでph9弱、オキシ6%1.3倍です!

ありがとうございます^^
ブリーチ剤をそのph、OX濃度に調整したものと、比較はされました?

avatar

たま@Tamazon

avatar

らいらい

そこまで細かくはやってないですけど、ダメージ感は全然違いました!
バージン毛の部分は2トーンくらい、脱染のほうが暗いですね!

Distinctの美容師向けオープンチャット(無料の美容師向けオンラインサロン)はこんなところ

Distinctが運営しているのは美容師専用のオープンチャット(美容師向け無料オンラインサロン)!

完全無料で、今回紹介した事例のようにカラーレシピや施術のコツ、新発売の材料など、専門的な情報を美容師同士で共有&相談できる場所です。 施術に関する相談だけではなく、働く環境やスタッフの育成、開業に関するアドバイスも貰えますよ。

オープンチャットはこちらからご参加ください!

また、今回紹介した案以外にもアイディアがありましたら、記事末尾の「コメントを書き込む」からコメントしてください! 様々なアイディアをお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました