シェルパのボンドメモリアリキッドはケラフェクトコネクターと比較してどの程度作用の差を感じますでしょうか??【美容師向けオンラインサロンでのQ&A】

こんにちは!Distinct編集部です!

Distinctでは美容師さん専用の相談チャット(美容師向け無料オンラインサロン)を運営しています。
今回オープンチャットの中から、実際の質問とそれに対する回答をご紹介!

シェルパのボンドメモリアリキッドはケラフェクトコネクターと比較してどの程度作用の差を感じますでしょうか??

avatar

いのっち

こんにちは!
質問お願い致します!

活性ケラチン系プレックスで、ケラフェクトコネクターがトレンドだと思いますが、シェルパのボンドメモリアリキッドはコネクターと比較してどの程度作用の差を感じますでしょうか??

ケラフェクトコネクターの価格に躊躇して、シェルパボンドやミルボンHPを試してみましたが、私が使った感じだとやっぱりケラフェクトの効果はダントツでした✨
でも高い🤑

avatar

yuki

avatar

いのっち

やはり、そうですよね。。。笑
ご回答ありがとうございます!

活性ケラチンのほとんどが活性前ケラチンですしね。
コネクターはちゃんと活性させてるらしいですけど。

avatar

もやし

活性ケラチンの名付け親さん言ってますね!
全くの別物だって😂

avatar

プロピレン

そんなわけないw

avatar

たま@Tamazon

それは、原液だから。

avatar

たま@Tamazon

ちゃんと活性してるケラチンは、正直、キュアテインだけです。

avatar

たま@Tamazon

上の段と下の段どちらに対して「んなわけw」って言ってます?

avatar

もやし

下の段です。

avatar

たま@Tamazon

まず、たとえばミルボンの様な商剤メーカーがあります。
そして、商剤メーカーが原料を仕入れる、原料メーカーがあります。

ミルボンの様な大手は、自社ビル家賃や事務員さんの給料のために、商剤に利益を乗っけます。
ケレフェクトは1ディーラーさんが作ったので、そういった経費が少ない特徴があります。

avatar

たま@Tamazon

そんな利点を活用して、ケレフェクト系は、「原料メーカーが作った原料」をそのまま、容器に移し替えて販売してます。

メリットは、
・とにかく成分が濃いので、ケラチンのような濃度勝負のものに関しては、効果が高い。
・開発費がかからない。そのまま移し替えてるだけなので。

デメリットは
・化学反応、いわゆるケミストリーがない
サロンでの毛髪化学に於いて、やはり面白みって、ケミストリーなんですよ。
原液一発なんで、パワーで押し切る分、化学反応による効果が得られづらい。
たとえば、コアセルやコンプレックスのような。

avatar

たま@Tamazon

で、ケラチンの原液を使うにあたっては、敢えてコストの高いいわゆる“活性ケラチン”は、あまり使う意味がなかったりもするんですよね。
インスタのハッシュタグと一緒で、耳障りのいいワードなだけなのかな、と思います。
僕も活性ケラチンは嫌というほど触ってきましたけど。
一応、タマコンAには、そういった活性ケラチンよりも優秀だと言われている、成和化成のキューティクルケラチンというものを高濃度で配合はしています。
ベースコンプレッサーというインバスには、先述した「キュアテイン」という、半端ない活性度の活性ケラチンを配合しています。

けど、普通のケラチンを原液で使う方がコスパと効果が良かったりするんですよね〜。

avatar

たま@Tamazon

活性ケラチンは、ちゃんと使おうと思ったら、還元剤に3日ほと漬けとかないと意味がないです。
で、ちゃんと使う=結局、ミックスジスルフィドになったりもするので、ならシステアミンの方がいいやん♪ってなる。

avatar

たま@Tamazon

Distinctの美容師向けオープンチャット(無料の美容師向けオンラインサロン)はこんなところ

Distinctが運営しているのは美容師専用のオープンチャット(美容師向け無料オンラインサロン)!

完全無料で、今回紹介した事例のようにカラーレシピや施術のコツ、新発売の材料など、専門的な情報を美容師同士で共有&相談できる場所です。 施術に関する相談だけではなく、働く環境やスタッフの育成、開業に関するアドバイスも貰えますよ。

オープンチャットはこちらからご参加ください!

また、今回紹介した案以外にもアイディアがありましたら、記事末尾の「コメントを書き込む」からコメントしてください! 様々なアイディアをお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました