いつも5レベルで白髪染めしてるお客様が少し明るくしたいとのことですが、ブリーチはなしで色抜けますか?【美容師向けオンラインサロンでのQ&A】

こんにちは!Distinct編集部です!

Distinctでは美容師さん専用の相談チャット(美容師向け無料オンラインサロン)を運営しています。
今回オープンチャットの中から、実際の質問とそれに対する回答をご紹介!

いつも5レベルで白髪染めしてるお客様が少し明るくしたいとのことですが、ブリーチはなしで色抜けますか?

avatar

カラー1年生

おはようございます!朝から失礼します。
いつも5レベルで白髪染めしてるお客様が少し明るくしたいとおっしゃりました。
ブリーチはなしで色抜けますか?

avatar

カラー1年生

少し茶色ぐらいの明るさで良いそうなので7位とか、、

いつも5トーンでカラーとありますが、どの位の頻度でカラーしているかと、いつもリターンはアンダーがどのくらいで返ってくるかにもよりますが、難しいと思います。
ワンタッチで7トーンでカラーしても、新生部だけは7トーンで出ると思いますが、毛先は暗く感じると思います。

avatar

京都の美容師tetsu

白髪率などにもよります。

avatar

京都の美容師tetsu

avatar

カラー1年生

朝のお忙しい時間の中、返信いただきありがとうございます🙇‍♀️

2ヶ月に1回リタッチのみで白髪染めだけで染めています。
リターンはまったく明るさはなく、地毛の黒髪の様な感じです。

やはり難しいですよね💦
お客様もできたらでいいとおっしゃていたのでお話します。
毛束でも色々試してみます!

ありがとうございました🥺

おはようございます。
私の個人的な意見としては、今の最善より今後の最善のイメージをお客様に感じていただけることが、信頼と再来に繋がると思ってやっております。

染料を剥がす方法はあるにせよ、即効性を求めればリスクは生じる。
ダメージリスクをしょってまでやるべきことなのか、優先順位を決めるべきだと思います。

ロングスパンですが、自分がいつも提案するのは
①7レベルの白髪染めでリタッチをすすめ、毛先の染料が少しずつ落ちていくのを待って頂く。
②もしくは今後もっと明るくするイメージがある場合、できる限り残留色素を残さないような白髪染めでは無い、普通のカラー剤の暗染をお勧めする。
です。

ご参考までに。

avatar

anouk@127anouk

ちょっと明るくしたいくらいとかなら、根本いつもの5で染めて、既存の毛先をライトナーとかでほんのり7くらいまで明るくグラデーションっぽく染めるだけでも、お客様は喜ばれると思いますよ☺️

avatar

たぁ

お疲れ様です。

リターンでまったく明るさはなく地毛に近い様な感じなのですね。
直ぐに7トーンにしたいのであれば、染料を取る必要があります。

ただ徐々にであれば、少しでもトーンが上がっている前提ですが、どなたかもおっしゃっていましたが自分ならまず6トーンでリタッチしていきます。
目指すは7トーンですが、ほぼトーンが上がらずのリターンなら、7トーンなら根元が明るく感じる可能性があるからです。
そして次のリターンのレベルでリタッチのトーンを変えていく方法をとるかと思います。

ダメージの違いがあるので、お客様と相談して見て下さい。

avatar

京都の美容師tetsu

リターン時にリタッチ部分が白髪の毛先の色味がカラーによる染料の残留になります。
お客様にも目視で説明させていただきやすいです。

染料の残留は基本的にカラー剤ではとれません。
効果的にブリーチ剤を使用するのが明るさをつくるには適切かなーって思います。
ブリーチ無し希望の理由にもよりますが、、、

西海さんのリミテッドブリーチ理論などが有効かと思います🙏

時間や料金の問題なら、本当に極僅かの脱染にしかなりませんが、プレシャンプー時にシャンプーにブリーチを混ぜるって力技も、、、💦

avatar

40歳美容師

リタッチ部分が白髪の毛先が少し明るさがあるなら、黒髪部分のメラニンをリフトさせるのも有効かと思います。
その場合は、ライトナーで気持ち明るさがでる可能性があります。

avatar

40歳美容師

avatar

カラー1年生

返信遅くなって申し訳ありません💦

ライトナーでほんのりいけるんですね!!
痛むことなどもお伝えして、お客様に選択していただきます😊
お教えくださりありがとうございました✨

Distinctの美容師向けオープンチャット(無料の美容師向けオンラインサロン)はこんなところ

Distinctが運営しているのは美容師専用のオープンチャット(美容師向け無料オンラインサロン)!

完全無料で、今回紹介した事例のようにカラーレシピや施術のコツ、新発売の材料など、専門的な情報を美容師同士で共有&相談できる場所です。 施術に関する相談だけではなく、働く環境やスタッフの育成、開業に関するアドバイスも貰えますよ。

オープンチャットはこちらからご参加ください!

また、今回紹介した案以外にもアイディアがありましたら、記事末尾の「コメントを書き込む」からコメントしてください! 様々なアイディアをお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました