グレーカラーの使用頻度が少ない色をナチュラルブラウン+アクセントカラーの選定にした時の白髪への染まりは、どれぐらい違いが出ますか?【美容師向けオンラインサロンでのQ&A】

こんにちは!Distinct編集部です!

Distinctでは美容師さん専用の相談チャット(美容師向け無料オンラインサロン)を運営しています。
今回オープンチャットの中から、実際の質問とそれに対する回答をご紹介!

グレーカラーの使用頻度が少ない色をナチュラルブラウン+アクセントカラーの選定にした時の白髪への染まりは、どれぐらい違いが出ますか?

avatar

モチモチ

質問失礼致します。
カラー材の在庫を減らす工夫として、グレーカラーの使用頻度が少ない色(オレンジブラウンやカッパーブラウン等)をナチュラルブラウン+アクセントカラーの選定にした時の白髪への染まりは、どれぐらい違いが出るものなのでしょうか?

オレンジブラウン=白髪染め
カッパーブラウン=白髪染め
ナチュラルブラウン=白髪染め
アクセントカラー=おしゃれ染め
っていう条件だとして

白髪染め100%使った=白髪が100%染まる
って定義すると

白髪染め70%+おしゃれ染め30%=白髪70%染まるっていう体感です🤔

avatar

焼きしいたけ

avatar

モチモチ

分かりました😊
ファッションカラーの比率分、染まりが薄くなるイメージですね!!

ありがとうございます。

Distinctの美容師向けオープンチャット(無料の美容師向けオンラインサロン)はこんなところ

Distinctが運営しているのは美容師専用のオープンチャット(美容師向け無料オンラインサロン)!

完全無料で、今回紹介した事例のようにカラーレシピや施術のコツ、新発売の材料など、専門的な情報を美容師同士で共有&相談できる場所です。 施術に関する相談だけではなく、働く環境やスタッフの育成、開業に関するアドバイスも貰えますよ。

オープンチャットはこちらからご参加ください!

また、今回紹介した案以外にもアイディアがありましたら、記事末尾の「コメントを書き込む」からコメントしてください! 様々なアイディアをお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました